激しく情熱的な部分

DW084_L

「だから私は、以前つき合っていた人と会ったの。すると彼は『君と寝たい』っていったから、私も『じゃ、そうしましょう』と答えた。
つまり、私の内側にはこんなにも激しく情熱的な部分があるということ。それが解放されたのは、あのペンキ職人に一目ぼれしたからだわ。
彼は私に自分が美しく、若く、セクシーであると感じさせてくれた。こんな気持ちは一○年ぶりだった」

「それで私は昔のボーイフレンドと、ペントハウス式の彼の部屋で四時間も激しく愛し合ったの」と彼女は続ける。
「すばらしかったわ。私にはそれが必要だった。そして彼にも、そのことがわかっていた。それは束縛からの解放だったわ。
四八歳で、結婚生活にうんざりしていた私は、自分にもまだ求められる価値があることを、思い出させてもらいたかったのね。
家に帰ったとき、私は夫との性的な関係をよくしようと、実際に夫と一緒に努力するようになったの。

で出会った人との生活において、肌を重ねる事は大切なものよ・そして、足りないのはそれだと私は思うわ」だれのとはいわないが、
私が妻たちのインタビュー数本のうち最も興味深い部分を夫に聞かせると、チャックは私を不思議そうに見て、軽蔑のまなざしを投げかけ、
ベーグルにバターを塗り、それから「女って、さかりのついた犬みたいだな」とつぶやいた。
そこで私は彼にいってやった。

男も女も恋する動物よ、恋そのものがもともと摩訶不思議で、理解できないものなんだから、ショックなことは何もないじゃない、と。

参考:

世の中の多くの男が思っていること

DW008_L

美しく優雅な四○代の女性の体内では、何か激しいものが発散されているらしい。
爆発的に増えたホルモンが理性を越えて暴走し、女性をより衝動的に、いささか危険にする可能性があるのだ。

私がいま思い浮かべているのは、三四歳のペンキ職人に夢中になって理性を失った、四八歳の既婚女性のことである。
この女性の名前は、ワシントンに住んでいる人なら、ほとんどだれもが知っていると思う。

彼女はよくオフィスに電話をして、病欠すると連絡したものだ。
そうすれば、家の床に座り、彼女が雇った職人のかたわらで、壁にペンキを塗る彼の姿を眺めていられるからである。

彼と出会ったことで彼女は、早い更年期を迎えて以来初めて、抱かれたいと思った。
職人が彼女の誘惑に応じなかったとき、彼女はニューヨークへ行き、昔のボーイフレンドを訪ね、彼と寝たのだが、彼女はそのことを少しも後悔していない。
「出会った相手はいい人よ。でも、私の情熱的な部分は満たされていない」と彼女は私に話した。

「というのは、どういうことですか?」
「夫が内向的な人だってことは知っていたんです。そして、私があんまり彼の心に近づくのを嫌っているのも知っているので、まあ、そういう人だと思って、できるだけ受け容れるようにしてきたんですけど。でも、彼、何かを感じているなと思う時に、まるで石みたいに無感情な表情になっちゃうんです。そんな人と一緒にいるのが時々たまらなくなるんです。そんなふうに私を遠ざけて欲しくないのですよ」

出典:結婚相談所 選び方

美容整形はループ

DW069_L

あなたは将来、シワが一本もない、不自然なおばあさんになりたいですか?

どんなに歳を重ねても、そこには若い女子とは違う、「綺麗」が存在します。
若さの亡霊にとり懸かれたまま生きることほど、楽しくないものはありません。
それに美容整形は、一度手を出してしまうと、ループに陥ります。

私のお友だちで、まぶたをひっぱる手術をしたために、目の下がたるんでしまった女性がいますが、
そのあと彼女は、目の下のたるみを手術で取り、そのためににできてしまった額のシワを手術で取り、という具合に、延々と整形手術をくり返しています。

そうこうしている間に、最初に手術したトコロが、またおかしくなってきて、 リベンジが始まります。
頭の皮を切り取って、顔の皮膚を引き上げる若返り手術は、半年しか持たないとか、
バストに入れたバッグは、約2年で交換の時期が来るとかいう話を聞いたことがあります。
私の友人から聞いた話だと、で出会う人は整形など気にしないそうです。

家の改装工事のように、直し続ける覚悟がある人以外は、安易に手を出さないほうがいいでしょう。

最後のセッションから六、七ヵ月経ってからでしょうか、ゲイルから電話があり、相談に来たいと言ってきました。段階的撤退戦術は効を奏し、満足しているけれども、もっと複雑な問題で相談したいというのです。
やってきたゲイルは、前よりも、かなり自信がついたように見えました。
「今日来たのは、実は今よりも、もっといい関係にしたいからなんです。キースの心の中をもっと知りたいんです」

参考:

もうひとつ驚いたこと

DW077_L

もうひとつ驚いたことに、彼女は、レストランを出た後、ひさしぶりの都会に興奮し、はしゃぎ、
積極的に私を誘って、若い年下男子がたくさんいる、ホストクラブへ行こうと言い出したのです。
ホストクラブでの彼女は、人が変わったようにイキイキしていました。
お酒を飲んで、カラオケに興じ、心のタガを外した一夜を過ごし、別れ際に彼女のまぶたは、心なしか、少し持ち上がっていたような気がしました。

次にまた会ったとき、彼女のまぶたにハリが戻っているといいな。
そう思いながら私は、笑顔でタクシーに乗り込む彼女に、手を振りました。
その後連絡があり、友人は出会った人と結婚したそうです。

美容整形は、ループだ

まぶたが重くなる。ほうれい線が深くなってくる。
年齢とともに、逆らえない変化が、女性の顔に現れてきます。
だからといって、それをすべて、美容整形で元に戻そうとするのは、不自然な行為です。
どんなにお金にものをいわせて、美容整形をしたとしても、30歳が18歳には、ならないのです。
無理なダイエットで痩せられたとしても、30代の細さは、20歳前後の、完全燃焼系な細さとは別物です。
そもそも、女の美のピークが20歳前後だという、タレント事務所的な考え方は、しないでください。
人生、先は長いのです。
そんな貧相な考えは、あなたの心まで貧しくしてしまいますよ。

ゲイルとキースの場合
キースは、ゲイルが彼の心に近づくのを嫌います。ゲイルは、キースのまるで石みたいに無感情な表情が耐えられません。もう少し彼の心の中の感性に触れたいと言っています。

出典元:出会い系 サクラいない

自分をあきらめると、まぶたが重くなる

DW078_L

しばらく会っていなかった女友だちと、久しぶりに食事をする機会がありました。
銀座のルーマニアレストランで、テーブルをはさんで向かい合った彼女の顔の変化に、私は同じ女性として、ちいさなショックをおぼえました。
まぶたが腫れぼったく、まぶたの重みで、目がショポショボしていて、垂れ目になっていたのです。

彼女は、33歳。

まだまだ若く、自分磨きをサボっていても、原型がよければ、恋愛ドラマの圏内にいられる年齢です。
彼女は美人で、スタイルも悪くなく、OL時代は、出会った男性とデートを楽しんだりもしていました。

ところが、失恋を境に、すっかり自信をなくしてしまい、仕事にもハリがなくなって、田舎の実家へ逃げ込むように、帰ってしまったのです。
あれから、3年。会わなかった3年の間に、彼女のまぶたはすっかり重くなっていました。

以前は、接客で、人と話すことが多かったので、目をイキイキと見開き、まぶたに緊張感があったのですが、人里離れた土地で、
家事手伝いをしながら、親にすすめられるお見合いを時々するだけの生活は、彼女の顔の一部だけを、加速度的に老けさせてしまったのです。

目は、心の窓と言います。とくにまぶたは、心のハリが現れやすい場所です。

同じような状況に対応する場合によく犯す過ちは、夫の心の中の動きを、あたかも精神分析医のように分析することです。たとえばキースが石のように心も口も固く閉ざしてしまった理由さえ分かれば、彼の自己防衛の壁を崩すこともできるし、また、口を開かせることもできるなどと考えてしまうのは誤りです。

出典元:出会いがない 社会人